the minimalist のブログ

'憧れの持たない 生活への道' 一進一退🌹

🌹 脱 - 損したくない精神
🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹 脱 - 被害者モード 自動切替

概念を間違って


またあるミニマリスト的ブログ🇺🇸

bemorewithless.com からアイデアをもらいました。


ガラクタフリーの生活を目指すなら、とりあえず、何も置かないスペースを1箇所作る💡


聖域?でしょうか

どこかに '常に何も置かない'場所を作る。


つい 机や棚や 一番上に常に何か置いてしまっていますからね〜。


😓


その場所を目にすることで より意識するようになるということかな。


🤔


出来るとしたら アソコとココかなあ。


🤔


今日もしつこくニュー アースの抜粋!


**


モノ以外に自分を同一化させる基本的な対象は' 私の ' 身体だ。身体はまず男か女だから、ほとんどの人の自己意識のなかでは男性であるか女性であるかが大きな部分を占める。その性別がアイデンティティになる。自分の性別への同一化は幼いころから促され、役割意識が植えつけられ、性的な面だけでなく生活のすべてに影響する行動パターンを条件付けられる。多くの人たちは完全にこの役割に囚われているが、性別に関する意識が多少とも薄れかけている西欧より一部の伝統的な社会のほうがその傾向はいっそう強い。、、、、満たされた人生とは性別というアイデンティティを充足することだとみなされる。西欧では物理的外見的な身体が、つまり他人と比較して強いか弱いか、美しいか醜いかが自意識に大きな影響を及ぼす。多くの人々の自尊心は肉体的な力や器量、容姿、外見などと強く結びついている。身体が醜いとか不完全だと思うために自尊心が萎縮して傷ついている人たちは多い。、、、もっと正確にいえば、自分の身体に関する精神的なイメージや概念を間違って自分だと思いこみ、その思考に自分を同一化しているが、実は身体も他の物理的な形態と同じで、すべての形がもつ - 一時的なもので結局は滅びるしかない 、、、


**


モノへの同一化、身体への同一化などと 距離を置いた人であれ、、


かっこいい、、


今回の音楽

' Illusion ' 💿

Gregory Porter 🎙